☆~消費者安全のちいさな家~☆ 

折にふれ、ぽつぽつ書きます。

駅で-盲導犬とエスカレーター

こんにちは

 

消費者安全問題研究会の土庫です

 

みなさまいかがお過ごしでしょうか?

 

~~~~~🐦~~~~~🐦~~~~~🐦~~~~~🐦~~~~~🐦

 

先日、いつも乗り降りする駅のホームに

 

盲導犬と視覚障がい者の方が歩いていました

 

~~~~~🐦~~~~~🐦~~~~~🐦~~~~~🐦~~~~~🐦

 

上りエスカレーターの前で一緒に立ち止まり

視覚障がい者の方がべルトに手をかけ

 

盲導犬が先にステップに乗り

そして、障がい者の方が乗っていかれました

 

~~~~~🐦~~~~~🐦~~~~~🐦~~~~~🐦~~~~~🐦

 

右手でベルトをつかみ、左手は盲導犬の綱をもち

エスカレーターを上っていくペアの後ろ姿

 

あまり人が乗っていない時間でした

 

ペアはゆっくりエスカレーターを降り

改札へ横切ってゆきました

 

~~~~~🐦~~~~~🐦~~~~~🐦~~~~~🐦~~~~~🐦

 

もし、エスカレ-ターの片側を急ぐひとが後ろから上ってきたら

 

盲導犬はどうするのかな

障がい者の方はどんな指示をされるのかな

 

そう思いながら

みつめていました

 

~~~~~🐦~~~~~🐦~~~~~🐦~~~~~🐦~~~~~🐦

  

帰宅してからとても気になり

探してみました

 

~~~~~🐦~~~~~🐦~~~~~🐦~~~~~🐦~~~~~🐦

 

訓練士さんと盲導犬がエスカレーターの練習をしている様子です

画像は下記ホームページからお借りしています

 

f:id:nekosakko0031:20160531153629j:plain

 

盲導犬とは | 公益財団法人 東日本盲導犬協会

 

~~~~~🐦~~~~~🐦~~~~~🐦~~~~~🐦~~~~~🐦

 

もう少し探してみました

 

~~~~~🐦~~~~~🐦~~~~~🐦~~~~~🐦~~~~~🐦

 

(一財)全国盲導犬協会のホームページには

こんな風に書いてありました。

 

「エスカレーターに乗る際、盲導犬ユーザーはハーネスを持っていない右手で手摺をつかみ、手摺の角度の変化で降りる位置を把握しています。これは特に関東で、エスカレーターを急いで昇降する人のための右側を塞ぐ結果になってしまいます。このような場合、周囲の人が、前後に人の通れるスペースを空けるなどして、協力してくださると助かります。」

 

~~~~~🐦~~~~~🐦~~~~~🐦~~~~~🐦~~~~~🐦

 

急いでエスカレーターの片側を行こうとすると

盲導犬と視覚障がい者の方のペアに出くわすことがあるのですね

 

~~~~~🐦~~~~~🐦~~~~~🐦~~~~~🐦~~~~~🐦

 

首に「お仕事中」と書かれたべルトをつけた

盲導犬の綺麗な瞳を思い出しながら

 

このブログを書いています

 

~~~~~🐦~~~~~🐦~~~~~🐦~~~~~🐦~~~~~🐦

 

f:id:nekosakko0031:20160522163906j:plain

  

今後ともどうぞよろしくお願いいたします